キッズプログラム第7弾

日時・場所 平成25年3月16日(土) 13:30  中央公民館

講    師  ウイスリーさん、ビーブンさん、メイソンさん

参 加 者  子供 21名、保護者 13名、ボランティア 11名

24年度最後のキッズプログラムは外国のお菓子作りです。

早速ビーブンさんの発声をお手本にして、子供達も
英語で唱和しました。

別室で今日の作業予定の説明がありました。

ティータイムが終わって、お腹減らしのゲームはニュージーランドの鬼ごっこ、鬼が逃げて人が鬼を追いかけます。す。
前回の正月遊びでも同じゲームをしましたが、その時の鬼ごっこでは鬼が「ダック・ダック・グース」と言っていましたが、お菓子作りでは鬼が「ファー・ファー」と言いながら順に頭に触れていき、「スコーン」と言って頭に触れられたAさんが鬼を追いかけ、鬼は逃げ切ってAさんの席に入り込めば、Aさんが鬼に交替、逃げ切れずにタッチされれば、鬼はそのままでゲームを続けます。
必死に鬼を追いかけるは微笑ましい限りでした。

飲み物は3種類、欲しい物を英語で注文します

楽しいティタイム、話も弾みます

テーブルや椅子は皆で協力して片づけて、ゲーム会場をつくりました。

お菓子をアレンジしてみました

綺麗に盛りつけできました

可愛い手で一生懸命お菓子作りに挑戦

今日のお菓子作りは、スコーン、フルーツタルト、ロールサンドウイッチです。
スコーンは小麦粉、牛乳、バターをこねてオーブンで焼いて作りますが、手間入りなので杉山さんが自宅で
作ってきてくれました。
フルーツタルトは、ウエハスのカップにクリームを詰めて、その上にブルーベリー、桃や苺をトッピング。
ロールサンドウイッチは、食パンにツナ、ハム、キュウリを巻いて作りました。